bash

操作関連概要
cd -直前のディレクトリに移動
<C-r>コマンド履歴の逆順インクリメンタルサーチ
(<C-g>でキャンセル、<C-r>で繰り返し)
<Esc><コマンド履歴の先頭に移動
<Esc>>コマンド履歴の末尾に移動
<C-a>カーソルを先頭に移動
<C-e>カーソルを末尾に移動
<C-w>カーソル前の1単語を削除
<C-u>カーソル前の全文字を削除
<C-k>カーソル後の全文字を削除
<C-y>削除した文字の貼り付け
<C-l>ターミナルをクリア(clearコマンドと同等)
<C-d>ターミナルを終了(exitコマンドと同等)
ls -G色付きのls(FreeBSD)
ls --color色付きのls(CentOS)
cp ~/.bashrc{,$(date +%Y%m%d)}ファイル名差分指定
設定関連概要
export HISTTIMEFORMAT="%Y-%m-%d %T "historyコマンドに実行時間も出力
export FIGNORE=".svn:.git"タブ補完から除外(区切りはコロン)
参照関連概要
lessで閲覧中にFtail -fと同等のモードになる
<C-c>で元のモードに戻れるので、交互の切替が便利
less file1 file2複数ファイル指定時、:nで次、:pで前のファイルを閲覧
grep -A 3 PAGER ~/.bashrc該当行の後の行も表示(数値指定)
grep -B 3 PAGER ~/.bashrc該当行の前の行も表示(数値指定)
grep -3 PAGER ~/.bashrc該当行の前後行も表示(数値指定)
ps aux | grep [h]ttpdプロセスを検索する際にgrepプロセスは除外
pgrep -fl npmプロセスを検索してPIDとプロセス名を表示
pkill -fl npmプロセスを検索してkill
zcat, zless, zgrepgzip圧縮ログの確認
pushd, popd, dirsディレクトリアクセスのスタック管理(詳細省略)
その他概要
arg1=${1:-"defaultValue"}変数が未定義か空文字列の場合、デフォルト値参照
arg1=${1?}変数が未定義か空文字列の場合、エラー終了
perlで文字列置換# テスト用ファイル生成
echo -e "str1\nstr2\nstr3\n" > testFile1

# 標準出力に置換結果を表示
perl -ple 's/str1/replaced1/g' testFile1
head testFile1

# バックアップなしでファイル置換
perl -i -ple 's/str2/replaced2/g' testFile1
head testFile1

# 指定拡張子のバックアップファイル生成して置換
perl -i.bak -ple 's/str3/replaced3/g' testFile1
head testFile1 testFile1.bak
複数ファイルの文字列置換# テスト用ファイル生成
echo -e "str1\nstr2\nstr3\n" > testFile2a
cp testFile2{a,b}

# バックアップなしでファイル置換
find . -name "testFile*" -print0 | \
xargs -0 perl -i -ple 's/str1/replaced1/g'
head testFile2*