開発手法予測

既存の開発手法人数内容備考
開発手法なし1~2ほぼ個人開発にしか対応できない
Waterfall3~1000?見積もりなど個人に依存有能人材のみなら速い
Scrum3~10小規模なプロダクトなら効率的能力はやや平均化される
LeSS(Large Scale Scrum)10~80中規模なプロダクトにも対応8チームまで対応
LeSS Huge80~1000?大規模なプロダクトにも対応組織変更から必要
未来の開発手法:予測1人数内容備考
Waterfall + deep learning見積もりなど個人に依存するところが機械化しそうデータのあるSIerが強そう
Agile + deep learning原始的なスクラムを機械化して効率化しそうデータのあるウェブ系が強そう
開発手法の自動生成状況は整っていそうパラダイムシフト1?
コードの自動生成状況は整っていそうなんとなく一部は実現できそう
要件定義の自動生成状況は整っていそうこちらの方がコードより複雑なイメージ
未来の開発手法:予測2人数内容備考
思考した後にシステムの自動生成量子コンピュータなどの実現が必要?パラダイムシフト2?
思考する前にシステムの自動生成量子コンピュータなどの実現が必要?シンギュラリティがあるならこれ?